なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
薬剤師転職ボタン

ドラッグストアへの薬剤師の転職求人について

薬剤師の転職では、調剤薬局から
ドラッグストアを希望する方が多いです。

調剤薬局や病院の勤務ほどは
専門知識を必要とされない反面、

発注、棚卸、接客など、
さまざまな知識・スキルが身に付く
というメリットもあります。

ドラッグストアへの薬剤師の転職求人について

店舗運営の知識も身に付くため、
将来的に独立してドラッグストアを開業したい方にもおすすめです。

調剤部門を設けているところもあり、
ドラッグストアの業務のほかに、
調剤業務にも携われる職場もあります。

調剤と販売業務を交互に行うなんて職場もあります。

こうした職場で働くことで、
調剤薬局とドラッグストアのどちらが自分に向いているかわかってきます。

ドラッグストアで働きたい方は、
薬剤師の求人転職サイトを利用しましょう。

案件の1割程度の募集となっていますので、
求人情報誌で探しても見つけるのは難しいでしょう。

このサイトでは全国を対象として職場を探せますので、
選択肢は非常に広くなります。

ドラッグストアの場合、
オーナーの意向によっても勤務条件は変わってきます。

利益優先型の考えを持つオーナーだと、
とにかく売り上げにこだわってくるでしょう。

その結果、サービス残業が多くなり、
休日返上で働くなんてことも多くなるかもしれません。

職場によって勤務環境に大きな差があるのも、
ドラッグストアの特徴なのです。

薬剤師の求人・転職サイトでは、
各種相談・アドバイスにも応じてくれます。

アドバイザーやコンサルタントが在籍しておりますので、
実際に転職を希望する職場の事情を聞いておく
といいでしょう。

劣悪な環境の職場では長続きしませんし、
薬剤師自身がうつ病になってしまうケースも多いと言います。

うつ病になると数ヶ月以上は仕事ができなくなりますので、
事前にどのような内部事情なのか聞いておくことです。

求人案内の情報だけでは、肝心なところはわかりにくいものです。

募集側としても都合の悪いことは隠してきますから、
中立的な立場のプロの視点が必要なのです。


なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
↓↓↓

薬剤師転職ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す