なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
薬剤師転職ボタン

企業への薬剤師の転職求人について

最近になって企業薬剤師という言葉を
聞くようになりました。

ここでの企業とは、
製薬会社を指すのが一般的
です。

新薬の研究・開発、治験コーディネーター、
臨床開発、品質管理、医薬品情報管理、
医療情報担当、などの業務があります。

企業への薬剤師の転職求人について1


研究・開発は、医薬品の製薬に関われるという
やりがいがありますが、
修士以上の学位を必要とする職場が多いです。

修士や博士がゴロゴロいる世界ですから、
学士の学位では厳しいでしょう。

治験コーディネーターは、
転職者が増えてきている仕事です。

薬剤師の仕事といえば、
調剤薬局を筆頭として、ドラッグストア、
病院などでの勤務が主流となりますが、
企業人として活躍したい薬剤師の方も増えており、
治験コーディネーターの需要は高まっております。

患者さんと触れ合うという特性上、
看護師が適任とされていましたが、
最近は薬剤師から目指す方も目立ちます。

そのほか、医薬品のデータ収集・管理、販売・営業などの業務もあります。

データ収集・管理業務は、
企業や医療機関・公的機関などに情報を提供する業務となります。

販売・営業職(MR)においては、
薬剤師の資格は必須ではありませんが、
医薬品の知識を有している薬剤師は、
適切な助言ができるというメリットもあります。

近年の薬剤師業界は、業務の幅が非常に広くなってきています。

そのため、自分の適性を把握してから転職活動をする必要があります。

採用側の目が肥えてきたこともあり、
数打てば当たるという戦略は通用しにくくなってきています。

薬剤師の求人転職サイトでは、
企業薬剤師を目指す方に助言をしてくれる
アドバイザーやコンサルタントが在籍しています。

適性チェック、履歴書・面接指導、企業との条件交渉、
入職後のサポートなどなど、幅広いサービスを受けることができます。

求人転職サイトの利用者の多くは、
転職したことで、自分に合った職場が見つかったと答えております。

自分一人で職探しをしている方よりも、
よい職場が見つかる確率はずっと高くなります。


なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
↓↓↓

薬剤師転職ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す