なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
薬剤師転職ボタン

治験コーディネーター(CRC)への薬剤師の転職求人について

治験コーディネーター(CRC)
看護師の仕事という認識が高いかもしれませんが、
薬剤師から転職する方も少なくないのです。

製薬会社への薬剤師の転職求人について

治験コーディネーターのメリットは、
患者さんと触れ合うことができることでしょう。

調剤薬局やドラッグストア、病院勤務よりも、
患者さんとじかに接することができるため、
病院看護師の心境を理解できるという方も多いです。

治験コーディネーターとして働くためには、
製薬会社に勤務しなければなりません。

正社員のほか、
パート・アルバイトなどの雇用形態もあります。

残業が少ないので定時で帰宅できることが多く、
ドラッグストアから転職する方も多いです。

性別で見ると、8割以上が女性となっております。

女性の働きやすさを考慮した職場が多く、
育児休暇を取りやすいのも特徴です。

復職支援も充実しており、
ママさん薬剤師として活躍している方が多いです。

これから治験コーディネーターを目指す方は、
専門家(アドバイザー、コンサルタントなど)に相談するといいでしょう。

一般的に対人スキルが苦手な方は不向きですので、
調剤薬局でコツコツ作業するのが好きな方には苦痛かもしれません。

患者さんと医師の仲介役になるため、
看護師に近い立場になると考えるといいでしょう。

年収については、400万円くらいのところが多いです。

勤務内容よりも、企業規模によって年収に差が出てきます。

年収800万円以上を目指せる職場もありますので、
年収の上限額については事前に調べておくべきでしょう。

研修制度は充実したところを選びましょう。

即戦力を求めてくる職場もありますので、
サポート制度について確認しておくことです

職場の雰囲気はアットホームなところがよいです。

企業という特性上、常に仲間と接触することになりますので、
雰囲気の悪い職場では長期勤務が苦痛となります。

治験コーディネーターを目指す薬剤師の方は、
ほとんどが専門家に相談しているのが現状です。

案件数が少ないため、競争率は激しくなると思っていいでしょう。

薬剤師専門のアドバイザーやコンサルタントによると、
人と接するのが好きという方に適していると言います。


なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
↓↓↓

薬剤師転職ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す