なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
薬剤師転職ボタン

派遣(契約社員)薬剤師の転職求人事情について

薬剤師の派遣(契約社員)の求人事情は、
他職と比べて有利な状況にあります。

一般的な職種の場合、派遣(契約社員)になると社員と同様の勤務内容でも、
収入は半分以下になることも多いのです。

派遣(契約社員)薬剤師の転職求人事情について

薬剤師の場合は、専門職という性質から
給与はそれほど下がることはないでしょう。

高時給の職種ですので、
正社員と変わらないほどの年収を得ている方もおります。

派遣・契約社員として働くスタイルは、
事前に職場をチェックできるというメリットがあります。

どんな仕事にも言えることですが、
職場によって雰囲気はまるで違ってきます。

転職理由の多くは、年収が関係していると思われておりますが、
実際には職場の雰囲気が合わなくて辞める方が多いのです。

収入が極端に低いような職場であれば、
職場環境がよくても応募者は少ないものですが、
薬剤師は全般的に高収入です。

そのため、給与よりも職場環境に重点を置いて探す方が多いというわけです。

薬剤師は男性よりも女性が圧倒的に多くなっています。

そのため、結婚・出産・育児を考慮してくれる職場が多いですが、
すべての職場で融通が効くわけではありません。

正社員として働くことに抵抗がある場合は、
派遣(契約社員)、パート、アルバイトなどの雇用形態を選ばれる方が多いです。

派遣(契約社員)の雇用形態は、
ブランクが長い方にもおすすめできます。

派遣会社では研修制度に力を入れているところもあり、
職場復帰のための支援をしてくれます。

ブランクやスキルなどを考慮して、
無理のない職場を提案してくれるはずです。

派遣会社を探すときは、コーディネーターの質もチェックしておきましょう。

また、福利厚生、サポート制度、各種サービスも確認しておいてください。

派遣として働くスタイルは、ここ数年でブームになってきています。

5年前と比べると派遣社員の総数は2倍を超えるまでになっております。

これには、世界的な不況も大きく関連しておりますが、
薬剤師は他職と比べて派遣・契約社員の収入が高いため、
それほど悲観的になる必要はありません。


なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
↓↓↓

薬剤師転職ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す