なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
薬剤師転職ボタン

薬剤師の転職求人状況について

薬剤師の転職求人状況は、
必ずしも好ましい状態とは言えません。

若年層ほど
転職に失敗しやすい傾向
があるのですが、
これは転職活動における
経験不足によるものでしょう。

薬剤師の転職求人状況について


現代人は自分を売り込む力が弱いと言われており、
面接においても
受身で対応している傾向があります。

採用側としては積極的な人材を求めておりますので、
受身だと感じた時点で不採用となることも多いのです。

積極的で好奇心旺盛な人材は、
将来の伸びしろが大きいと判断されます。

即戦力を重視する職場は依然として多いですが、
昔と比較してその割合は小さくなっております。

採用側は伸びしろのある人材を確保して、
定年まで職場貢献してほしいと考えています。

途中で辞める可能性が高いと思われる人材は、
最初から雇用しないのです。

薬剤師は売り手市場ではありますが、
求人転職サイトが登場したことで、
採用側も人材を選んでから雇用するようになりました。

資格を有しているだけでは有利にはならないのです。

比較相手は全員が薬剤師ですから、
採用側としては話し方、雰囲気、社交性なども考慮します。

社交性のある方は、ドラッグストア、企業薬剤師などが向いております。

これらの職場ではお客様や患者様と接することになりますので、
人あたりのよい人材が好まれます。

調剤薬局は規模にもよりますが、
一般的にコツコツと地道に作業を続けていくような職場が多いです。

一人薬剤師として働ける職場も多いので、
人間関係が苦手な方に適しております。

病院薬剤師は給与が低いのがネックですが、
幅広い知識を身に付けられるメリットは大きいでしょう。

若いうちに病院で働いておくと、
その後の転職で必ず有利になるはずです。

いずれにせよ、求人転職活動は20代~30代のうちに済ませるのが基本でしょう。

40代以降になりますと、転職による給与アップはあまり期待できなくなります。

採用側としても、同じ新人ならば若い人材を雇用したいと考えているものです。


なぜ多くの転職希望薬剤師に選ばれるのか!?
↓↓↓

薬剤師転職ボタン
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す