ドラッグストアへの薬剤師の転職求人について

薬剤師の転職では、調剤薬局から
ドラッグストアを希望する方が多いです。

調剤薬局や病院の勤務ほどは
専門知識を必要とされない反面、

発注、棚卸、接客など、
さまざまな知識・スキルが身に付く
というメリットもあります。
「ドラッグストアへの薬剤師の転職求人について」の続きを読む…

企業への薬剤師の転職求人について1

最近になって企業薬剤師という言葉を
聞くようになりました。

ここでの企業とは、
製薬会社を指すのが一般的
です。

新薬の研究・開発、治験コーディネーター、
臨床開発、品質管理、医薬品情報管理、
医療情報担当、などの業務があります。
「企業への薬剤師の転職求人について」の続きを読む…

製薬会社への薬剤師の転職求人について

製薬会社で薬剤師として働くなら、
薬剤師の求人・転職サイトを活用したいものです。

薬剤師の求人情報の多くは調剤薬局、
病院、ドラッグストアとなっており、
製薬会社の案件数は非常に少ないのです。

案件全体の数%というのが現状ですので、
地元を中心とした情報誌だけで探すのは
難しいでしょう。

求人転職サイトの情報でも、
勤務地は都市と言われる場所に集中しているため、
都会で働きたい方におすすめです。

製薬会社への薬剤師の転職求人について

製薬会社での仕事は、
医薬品開発、データ管理、薬剤コンサルティング、
治験コーディネーター、といった内容となります。

一般・管理薬剤師のほか、
臨床・研究に関する職種もあります。

研究開発は修士以上の学位を
必要とするところが多いです。

そのため、給与は高めとなっており、
1,000万円近く稼いでいる方もおります。

以前は薬剤師になれば安泰と考える方が多かったですが、
現在は事情が変わってきております。

どんな職種にも言えることですが、
収入の格差が顕著になってきているのです。

ベテラン薬剤師の方々も、
実力のある人はどんどん稼いでいる反面、
稼げない人も増えていると話しております。

製薬会社への転職を目指す方は、
豊富な知識・スキルを武器にして、
収入を高めたいと考えております。

ただ、業務内容は多岐に渡っており、
医薬品情報管理担当者、医療情報担当者、
品質管理担当者、コールセンターなどの配属先があります。

自分の希望しない業務を任されるケースも多いため、
事前にプロのアドバイザーやコンサルタントに相談するべきでしょう。

薬剤師求人・転職サイトでは、
無料でプロのアドバイザーやコンサルタントが相談に乗ってくれますので、
まずは相談することをおすすめします。

製薬会社との仲介役になり、
希望の業務に就けるように交渉してくれるでしょう。

給与・福利厚生に関する交渉も行ってくれるので、
自分で職探しをするよりも
好条件の職場が見つかりやすいというメリットもあるのです。